膝痛、腰痛、肩こりを長生きストレッチで改善|膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com

2017年06月20日 | コメント (0)
ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる 朝1分 夜1分 軽・楽すとれっち

新刊、発売!Amazonで予約受付中です

ちぢめて・のばして・ゆるめて・しめて……、朝1分 夜1分でカラダが軽やかカイテキに生まれ変わる軽・楽(かる・らく)体操の決定版。日々の仕事に、日々の家事におわれるあまりカラダを動かすのが面倒だという“ぐうたらさん"でも簡単に取り組める。ゆるゆる健康運動指導士が唱える明るく楽しく、動けるカラダの維持づくりを紹介します。

著者:吉田 真理子(よしだ まりこ)   ➡詳細はこちら

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

シニアフィットネスの専門家・長生きストレッチの吉田真理子です。

 

精神科医樺沢紫苑先生のメルマガで、ドンピシャの記事があったので、ご紹介させていただきます。

 

─────────────────────────────────
■ 本日のメインディッシュ
─────────────────────────────────
「物忘れ」を治す方法
─────────────────────────────────

昨日のメルマガでは、
『「物忘れ」は治ります!!』をお届けしました。

もし見逃した人は、ブログの方から読めますので、
お読みください。
http://kabasawa3.com/blog/psychiatry/stop_the_memory_loss

その内容を一言で言うと、
「認知症」になる一歩前の「軽度認知障害」の段階であれば、
「物忘れ」は治る! ということです。

では、あなたに。あるいは、あなたのご両親に
「軽い物忘れ」が出た場合、何をすればいいのでしょうか?

それは、以下の4つです。

(1)運動

運動は、最も確実で最も効果が高い。
学術的にも十分なエビデンスが蓄積されている
認知症予防法です。

運動すると脳が活性化し、認知機能が向上し、
「物忘れ」も改善し、認知症も予防する。
認知患者においても運動によって、症状改善が認められる。

という報告が多数あります。

では、どんな運動をどれだけすればいいのか。

各種論文を平均すると、週に2時間の有酸素運動によって、
認知症になる確率を2分の1、または3分の1以下に減らせる
という研究が多いです。

毎日15分の散歩でも、かなりの効果があると言われます。

高齢者の場合、「腰が痛い」「足が痛い」等の理由で、
家から一歩も出ない日がある方が多い。

そういう人は、認知症に向かって一直線です。

気持ちのよい汗の流れる運動量で1時間。
それを週に2回以上できるとベストです。

ということで、脳の衰えを感じたら、まず運動です!!

(2)認知機能活動

認知的脳活動とは、
#俳句、川柳、単価などの創作活動
#将棋、囲碁
#読書
#パズル
など、「頭を使う」活動です。

特に「俳句、川柳、短歌などの創作活動」は、非常に効果があるようです。

これらの「認知機能活動」は、
『神・時間術』で紹介した「能動的娯楽」と完全にかぶっています。

つまり、集中力を高める娯楽活動である「能動的娯楽を
若い頃からやっていると、認知症の予防になりますよ!
ということ。

「物忘れ」を自覚してから始めても効果がありますが、
できれば若い頃からはじめて、続けていきたいものです。

ここでも、「読書」というのが出てきますが、
「読書」というのは、本当に「脳」にいいのです。

「能動的娯楽」の逆が、「受動的娯楽」。
テレビ、ゲームなどに代表されます。

お年寄りでも、テレビばかり見ている方がいますが、
そういう人は、認知症に向かって一直線です。

(3)コミュニケーション

一人でいると、脳への刺激がものすごく少なくなります。
つまり、「孤独」は、認知症の危険因子となります。

ですから、一人くらしのお年寄りは、認知症が非常に心配です。
コミュニケーションが少なくなるのです。

ですから、意識的に友達と合ったり、趣味サークルに参加したり、
デイケア似通ったりとして、友達と顔を合わせて、
和気あいあいの雰囲気で語り合う、ということが重要です。

とにかく、家から外にで、みんなでワイワイやる。
というのは、かなりの認知症予防で、「物忘れ」の治療にもなるのです。

(4)ポジティブ思考

90代まで生きた人の特徴として、

幸福度が高く、笑顔が多い。
感謝や、利他の傾向が強い。
というのすが、報告されています。

これは、ポジティブ心理学でも言われることですが、
ネガティブ思考よりも、ポジティブ思考の人の方が
5歳以上、長生きする、という研究があります。

ポジティブな思考で、毎日明るく、前向きに生きる。
細かいことを気にしたり、クヨクヨしない。
そうして、心のあり方も、「長寿」と深く関係しているようです。

人の悪口、愚痴、不平、不満。
これらは、百害あって一利なし。

あなたの脳の老化を促進しているわけです。

「物忘れ」を改善する4つの方法。

当たり前のことのように思えますが、
私が今まで認知症を見てきた経験でいうと、
(1)家からあまり外に出ずに
(2)テレビばかり見ている
(3)一人暮らし、あるいは人と会うために外出しない
(4)不平、不満が多い
方が、典型的な「認知症」の患者さんのイメージとなります。

ということで、「物忘れ」が出はじめめたら
(1)運動
(2)認知機能活動
(3)コミュニケーション
(4)ポジティブ思考
を徹底してやって欲しいのです。

もちろん、若い頃から、ずっと続けていくことが、
真の認知症予防となります。

************************************** メルマガ名「ビジネス心理学 精神科医が教える1億稼ぐ心理戦術」
メルマガ送信者 (株)樺沢心理学研究所 樺沢紫苑
連絡先  kzion@kabasawa.jp

********************************************

◎ビジネス心理学 精神科医が教える1億稼ぐ心理戦術
のバックナンバーはこちら
http://archives.mag2.com/0000173155/index.html?l=woc0df972b

です。

 

 

 

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2017年05月22日 | コメント (0)
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

シニアフィットネスの専門家・長生きストレッチの吉田真理子です。

 

長らくお待たせしていましたストレッチの本が7月半ばに出る予定です。

 

昨日、そのストレッチの数々のさつえい、をしてきました。

本のクオリティを上げるため、プロのモデル様.+*:゚+。.☆に演って頂きました。

ストレッチ☆ | 岡田茉奈オフィシャルブログ「MANA」by アメブロ

 

場所は素敵な四ツ谷にあるパーソナルジムをお借りしました。

コチラ→パーソナルトレーニングスタジオ四谷(四ッ谷)_Fillin.studio(フィルイン.スタジオ)

オーナートレーナー、清家一亀さん。めっちゃイケメンです♪

さつえいの合間に、岡田さんのマネージャーさんにトレーニングを教える後継も。

 

とても和やかかつスムーズでした( •̀ᴗ•́ )/

詳しくはまた、追ってお知らせしますね!応援よろしくお願いします.+*:゚+。.☆

 

 

 

 

 

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2017年05月16日 | コメント (0)
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

 

先日、友人から聞いた話です。
町の集会所を利用しようと予約に行ったら、同じ日に同じ所を予約したい団体と鉢合わせ。

先方は老人会だったそうで、こんなことを言われたそうです。

あなた達、若いんだから和室をつかってくれない?

皆さん、畳の方がいいんじゃないんですか?

冗談じゃないわよ、みんな足腰悪くて、畳なんかじゃ座れないの。座ったら立てなくなっちゃうわよ。だから老人会は椅子の部屋がいいの。

そうなんですか?!ฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!

お年寄り=畳の部屋がいい
というのは、今や大間違いなのです。
今のお年寄りの生活が、そもそも
畳じゃなくなっているんですね。

戦後から高度成長期で、イスとテーブルのキッチンが主流になったので
生活様式も畳の和室より洋室に、
布団よりベッドに。
和式便器から洋式トイレに。

その結果、膝を90°以下に曲げる必要がなくなり、どんどん膝が硬くなり、正座はおろかしゃがむことすら出来ない70-60代は少なくないのです。
お葬式も、今や葬祭場は椅子の世界。田舎のお寺でやるとはみんな座るのに苦労するとこぼしてます。

膝が十分に使えないと、太ももの筋肉は落ちやすくなります。

太ももの筋肉が落ちる→膝が痛い→歩かない→ますます筋肉落ちる→痛い→歩けなくなる。

負のスパイラルにどっぷり。

ますます、畳は無理!となるわけです。

大昔、ひいおばあちゃん、
歩けなくなっても、畳の上をいざって移動してました。
正座の格好のまま、手で体を移動させていくんです。

(ちなみに、お尻を床について移動する事を「膝行る(いざる)」と言いますが、「立てない人(いざり)」との意味合いもあり、差別的表現。)

いやいや、今となっては
差別どころか、そうとうの筋力です。畳の生活だからこそ、出来てたんでしょうね。

畳のないお家、多くなってます。
(ウチもない!全室フローリングです)

今後さらに、和室=年寄りの構図はくずれていくんでしょうね。
M・Yoshida ⌘ 🎵😃

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

元気になるメルマガはこちら


SFL :ゴキゲン元気な生涯を!
お名前(姓)
メールアドレス(必須)

シニアフィットネス動画チャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCLEfUMLAusY6jKktU8uZ4yQ

プライペートブログ

プライベートブログへはコチラ :まりねえのあんなことこんなこと・スピンアウト( クリック♪)

2008-07より開設していた個人ブログ。大元サイトが閉鎖されたため、こちらにお引っ越し致しました。フィットネスインストラクターまりねえの全開ぶっちゃけブログです。オブラートなしの本音炸裂中。

日本女性ビジネスグランディング協会

(社)日本女性ビジネスグランディング協会バナー