膝痛、腰痛、肩こりを長生きストレッチで改善|膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
2014-09-19
ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる 朝1分 夜1分 軽・楽すとれっち

新刊、発売!Amazonで予約受付中です

ちぢめて・のばして・ゆるめて・しめて……、朝1分 夜1分でカラダが軽やかカイテキに生まれ変わる軽・楽(かる・らく)体操の決定版。日々の仕事に、日々の家事におわれるあまりカラダを動かすのが面倒だという“ぐうたらさん"でも簡単に取り組める。ゆるゆる健康運動指導士が唱える明るく楽しく、動けるカラダの維持づくりを紹介します。

著者:吉田 真理子(よしだ まりこ)   ➡詳細はこちら

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

シニア世代と骨の話2膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com

シニアフィットネス・長生きストレッチの専門家

吉田真理子です。

 

前回の続きです。

散歩の習慣のあるシニアは、

背中がよく伸び、骨が強いことがわかっています。

 

また、ひざがよく伸び、

脚力も強くなっているため、

転びにくくなっています。
骨を強くするためには、

生活の中に散歩やゲートボールなどの軽い運動や、

こまめに家事をするなどの

活動的な習慣を取り入れることが大切です。

 

目安としては、散歩なら1日30分間、

2キロメートルを歩くくらい(バスの停留所2~3)でじゅうぶんです。

 

 

骨と筋肉を強くし、バランス感覚を養ってくれる運動に、

開眼片脚立ち体操があります。

 

家の中で場所をとらずに、

1回数分程度で行える手軽さが利点です。

 

 

a140402396_4

 

ill07803

高齢者が転倒して骨折したときに長期の治療・安静が必要になりやすい部位に大腿骨近位部がありますが、

開眼片脚立ち体操は

片脚で立つことによって、

両脚で立ったときの倍の負荷が片脚にかかり、大腿骨近位部の骨密度改善と筋力強化につながるとされています。

 

ウォーキングと併せて行うとなお効果的です。

筋肉をしっかりと鍛えると、

転倒時に骨への負担が軽減し、

骨を守ることにつながります。

 

 

 

なお、骨粗しょう症と診断されている人は、かかりつけの医師と相談しながら安全に行うことが大切です。無理のない範囲で、コツコツと骨と筋肉を強くする運動を継続していきましょう。

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

Facebook Comments

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

メールアドレス:  (必須) 
お名前:

シニアフィットネス動画チャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCLEfUMLAusY6jKktU8uZ4yQ

プライペートブログ

プライベートブログへはコチラ :まりねえのあんなことこんなこと・スピンアウト( クリック♪)

2008-07より開設していた個人ブログ。大元サイトが閉鎖されたため、こちらにお引っ越し致しました。フィットネスインストラクターまりねえの全開ぶっちゃけブログです。オブラートなしの本音炸裂中。

日本女性ビジネスグランディング協会

(社)日本女性ビジネスグランディング協会バナー