膝痛、腰痛、肩こりを長生きストレッチで改善|膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com

体力

2015-02-22

シニアと体力2

ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる 朝1分 夜1分 軽・楽すとれっち

新刊、発売!Amazonで予約受付中です

ちぢめて・のばして・ゆるめて・しめて……、朝1分 夜1分でカラダが軽やかカイテキに生まれ変わる軽・楽(かる・らく)体操の決定版。日々の仕事に、日々の家事におわれるあまりカラダを動かすのが面倒だという“ぐうたらさん"でも簡単に取り組める。ゆるゆる健康運動指導士が唱える明るく楽しく、動けるカラダの維持づくりを紹介します。

著者:吉田 真理子(よしだ まりこ)   ➡詳細はこちら

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・
長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

前回、体力のお話をいたしました。

ぶっちゃけ、「いまさら運動に必要な体力の話をされてもなー」
って思っていらっしゃいませんか?(^^ゞ

 

必要なことではあるのですが、
関係ない感強いですよね~。

 

何かスポーツに打ち込んでるとか
大会に出るとかでなければ
私には関係ない…

 

ごもっともです。

 

ではこれはいかがですか?

 

生活体力

誰にも必要な体力。

これですよこれ。

 

日常の自分の身の回りのことが出来る能力。
ヒトとして生きるために必要な体力。

 

こういった力が衰えて、介護生活に突入していくわけです。

 

さらに言うと、人様にお願いしてやっていただくことで賄える部分と
これだけは出来るだけずーっと死ぬまで持っていたい部分、
失っては困るものがあるのです。

 

家事一般は、誰かが代わりに行うことができます。

家事代行やヘルパーさんに来てもらえば済む話、
あるいはホームなどでやってもらうことができます。

ぶっちゃけ、お金を払ったら簡単に解決します。

 

しかし、自分の体を自分で動かすことを
手伝ってもらうことは出来ても
替ってもらうことはできません。
ベッドからカラダを起こすための腕の力、何かにつかまるための握力
着替えるために自分の脚をあげられるバランス、
トイレに行くための歩行能力などなど…

 

生きてる上で必要な最低限の動作が
自分だけで出来る筋力=体力と考えてくださいね。

出来ることなら
「ピンピンコロリ」

自分の足で棺桶まで走っていって、ジャンプイン!
って、よくレッスンでは言っちゃってます。

これを聞いて、笑ってられるうちに
しっかりエクササイズしてほしいんですね。

笑えなくなってから始めるのでは
ツライですから。

(^◇^)

ちょこっとだけ、頑張りましょ☆

 

b2c013531099cd97cf4f8006841a96ea

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2015-02-21

シニアと体力1

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・
長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

体力年齢

ものすごくよく聞くセリフとして
「年をとって体力が衰えてきた」とか「もう年だから仕方ない」
というのがあります。

 

よく言いませんか?(~_~;)

 

この言葉、半分は合ってますが、半分は間違っているのです。

ヒトの体力レベルがピークに達するのは20歳前後。20歳の体力を100とすると、加齢と共に右肩下がりで下降していきます。
そういった意味では、加齢と体力の低下は結びつきます。

体力の劣化特性
しかし、年を重ねる=体力が低下 といったストレートな結びつきに対しては
科学的な証拠(エビデンス)はないのです。

 

どちらかというと、年を重ねたからではなく、
加齢とともに身体を動かす機会が少なくなり、
活動的でなくなるために起こった結果
である、ということもできるのです。
「体力」といってもさまざまな要素があります。

体力とは

年齢のせいで衰えるスピードには差があります。
言いかえると、
普段使ってる体力要素は比較的低下がゆっくりなのです。

先日、病院ではじめてホンモノの100歳の方とお話しました。

リアル100歳、正直始めてみました。(笑)

車いすには乗っておられましたが、認知もなく、
なんと診療に5時間待ちをしているにもかかわらず、
『疲れちゃうねー』と言いながら、お元気!

ベッドから車いすに移るときに失敗して転んじゃった、とのこと。
しかし骨折もせず、多少の擦り傷と若干の内出血で、
5時間待って処置はバンソコウ1枚。

もう、ビックリです。\(~o~)/

さらに付き添いの方に「おばあちゃんね、握力すごいんだよ。手出して?」
と言われ、手を差し出したところ、

ぎゅ!!!
イテテテテ(@_@;)!!
つ、強い!

物をつかむことを日常の中で
多くされているからなのでしょう。

つまり、普段から体は動かし続けておくことで
体力の衰えを防ぐことは可能だ、ということなのです。

 

外見を若々しく保つ・体の中身を若々しく保つ。
アタマを若々しく保つ・心を若々しく保つ。

放置していては下降一直線!!
すべて生活習慣にかかっています。

あなたはいかがでしょうか?

年齢を『言い訳』にしていませんか?

 

 

 

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

メールアドレス:  (必須) 
お名前:

シニアフィットネス動画チャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCLEfUMLAusY6jKktU8uZ4yQ

プライペートブログ

プライベートブログへはコチラ :まりねえのあんなことこんなこと・スピンアウト( クリック♪)

2008-07より開設していた個人ブログ。大元サイトが閉鎖されたため、こちらにお引っ越し致しました。フィットネスインストラクターまりねえの全開ぶっちゃけブログです。オブラートなしの本音炸裂中。

日本女性ビジネスグランディング協会

(社)日本女性ビジネスグランディング協会バナー