膝痛、腰痛、肩こりを長生きストレッチで改善|膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
2014-07-24
ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる 朝1分 夜1分 軽・楽すとれっち

新刊、発売!Amazonで予約受付中です

ちぢめて・のばして・ゆるめて・しめて……、朝1分 夜1分でカラダが軽やかカイテキに生まれ変わる軽・楽(かる・らく)体操の決定版。日々の仕事に、日々の家事におわれるあまりカラダを動かすのが面倒だという“ぐうたらさん"でも簡単に取り組める。ゆるゆる健康運動指導士が唱える明るく楽しく、動けるカラダの維持づくりを紹介します。

著者:吉田 真理子(よしだ まりこ)   ➡詳細はこちら

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

シニアとぎっくり腰3こんにちわ、
膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・
長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

 

 

今回もぎっくり腰の続きです。

このところ、

読んでますよ~とお声がけ頂くことが

少しずつ増えてきました。

(^O^)/ありがとうございます。嬉しいです☆★

やはりぎっくり腰は、

他人事ではない方が少なくないようですね。

 

 

そもそも

普段から、腰に疲れが溜まっていると感じている方は、

いつ、ぎっくり腰になってもおかしくないと言えます。

ですから、ぎっくり腰にならないように、

まずは毎日の予防が大切になってきます。

 

足のツリの時にもお話したと思いますが

ぎっくり腰の原因も

■筋肉疲労
■冷え
■運動
■普段と異なる動き
■栄養の(カルシウム、マグネシウム、カリウム、たんぱく質など)不足、バランスの崩れ
■神経の異常反射
■薬剤(降圧剤やホルモン剤)
■病気
■ストレス
等が挙げられます。

 

栄養 ? と
思われたかもしれませんね。

実は、タンパク質が不足していることから筋力が弱まり、
ぎっくり腰を発生させることも少なくないのです。

 

シニア世代では、

食の嗜好が変わって来て、

だんだんたんぱく質の摂取量が減って来ていることも

考えられます。

 

体熱の発生元である筋肉が減ってくれば

当然「冷え」が起こってきます。

 

男性でも、起こります。
特に、足の筋量が落ちてくると
「冷え」を感じ始めることが。

 

こうした、冷えや筋力の弱まりを改善する対処法は、
赤味の肉を食べる、
カリウムを摂る、
タウリンを摂るなどの
食生活の改善が必要になります。

 

taurin_01

 

腰痛が必ずしもぎっくり腰に繋がるとは限りませんが、

ぎっくり腰には治療法がないことを考えると、

毎日の食生活での予防も
大きな意味を持っているといえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

タウリンと言えば、ファイト一発~(笑

 

続きは次回に(^^)/

シニアフィットネス専門家、吉田真理子こと、まりねえでした。

ccqwggxupbA

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

Facebook Comments

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

メールアドレス:  (必須) 
お名前:

シニアフィットネス動画チャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCLEfUMLAusY6jKktU8uZ4yQ

プライペートブログ

プライベートブログへはコチラ :まりねえのあんなことこんなこと・スピンアウト( クリック♪)

2008-07より開設していた個人ブログ。大元サイトが閉鎖されたため、こちらにお引っ越し致しました。フィットネスインストラクターまりねえの全開ぶっちゃけブログです。オブラートなしの本音炸裂中。

日本女性ビジネスグランディング協会

(社)日本女性ビジネスグランディング協会バナー