膝痛、腰痛、肩こりを長生きストレッチで改善|膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com

認知症予防

2015-11-03

週2の○○で脳の老化が防げる!

ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる 朝1分 夜1分 軽・楽すとれっち

新刊、発売!Amazonで予約受付中です

ちぢめて・のばして・ゆるめて・しめて……、朝1分 夜1分でカラダが軽やかカイテキに生まれ変わる軽・楽(かる・らく)体操の決定版。日々の仕事に、日々の家事におわれるあまりカラダを動かすのが面倒だという“ぐうたらさん"でも簡単に取り組める。ゆるゆる健康運動指導士が唱える明るく楽しく、動けるカラダの維持づくりを紹介します。

著者:吉田 真理子(よしだ まりこ)   ➡詳細はこちら

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

メールアドレス: (必須)
お名前:

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・
長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

 

友人がシェアしてくれた
グノシーの記事に
「週2回の筋トレで脳の老化が防げる」
とありました。
詳細記事はコチラ
https://gunosy.com/articles/Rf6G6

高齢者筋トレ

要約すると

近年の研究で、
加齢による筋力の低下が
脳の委縮や白質の減少の原因になることが
分かっている。

カナダ、ブリティッシュコロンビア大学の
Teresa Liu-Ambrose教授らの研究によると
65〜75歳の健康な女性たちを対象に脳のスキャンをとり、
彼女たちをを週1回筋トレをおこなうグループと、
週2回おこなうグループ、
そして2週間に1回おこなうグループにわけて
1年間様子を見た。

その結果、週に2回筋トレをしていたグループは
脳の委縮や白質の減少が最も少ないことが
わかった。

ということなんですね。

どんな筋トレかというところも気になります。

筋トレにはスクワット、ランジ、
フリーウェイトなどが含まれていたと、
同大学のAging, Mobility, and Cognitive Neuroscience Laboratory教授である
テレサ・リウ・アンブロズ博士は述べています。

出典元を見ると、
週2回のレジスタンストレーニング
またはバランスとトーンと書いてありました。
トーンというのは、調子という意味ですが
調子を整えるエクササイズ=コンディショニング
とご理解いただければいいかと思います。

一般的に行われている
健康体操教室のような
ナカミだったのではないかと
推察します。

Journal of the American Geriatrics Societyで
発表された最新の研究でも、
年をとっても脳の働きを維持したければ、
筋トレをするべきと述べています。

筋肉は年齢と共に縮んでいきます。
脳も筋肉と同様ですが、
違う点は単に縮むのではなく、
非常に小さな穴(病巣)が
脳内に発達していってしまうのです。

病巣は一般的に中年以降の歳になると
見受けられます。
脳を検査して病巣が見つかっても、
最初は認知機能の低下など見られないのがほとんどです。
しかし時と共に脳では多くの病変が表れ始め、
認知能力の低下をもたらします。

テレサ・リウ・アンブロズ博士は
週2回筋力トレーニングをしていた女性グループは、
病巣が顕著に少なくなっていたことから、
定期的な筋トレは長期的に脳の健康(及びそれに従う認知機能)を
良くするということがわかった。
研究では女性が対象だったが、男性でも
結果は等しく同じだろうと述べています。

さらに、ここで得られたデータより、
心血管代謝及び、心血管の健康に筋トレが効果的であると
理解できると同時に、
長期にわたり筋トレを行うことで
病巣の発達と進展を防ぎうると十分に仮定できる」とも
同氏は述べています。

いかがでしょう?
筋トレすることは、足腰の衰えを防ぐばかりでなく
心肺機能の向上に効果的であり、
さらに脳の衰えも防ぐ効果が期待できる。

これはやらなくちゃ…です。

ちなみにこの研究対象群は
65―75歳の女性だったそうです。

正直、この年代になってから
新たに筋トレを週に2回始めましょうというのは
ハードルが高いと思う方もいらっしゃるでしょう。

もちろん始めるに遅いということはなく、
やったもん勝ちではあるのですが、
なかなか続かない…ということも少なくありません。

一人で始めたら
これはなかなか続きません。
仲間と始める、専門家の力を借りるなど
人を巻き込んで行うことが
継続のコツです。

是非、私達専門家を
お気軽にご利用くださいね。

☆☆☆各種サービス&コンテンツのご紹介☆☆☆

☆ブログ 膝痛腰痛肩こり改善長生きフィットネス.com
http://bit.ly/1kKZjqW

☆個人・スモールグループ出張指導のお問合せはこちらから
http://form.os7.biz/f/acc364aa/

☆個人レッスン詳細はコチラ
http://bit.ly/1lv8SJq

☆グループレッスン詳細はコチラ
http://mari-nee.blogfit.jp/lesson

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2015-07-12

脳トレに?電子書籍はいかがですか

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・
長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

 

立て続けに電子書籍のお話をさせていただきました。

ブログをお読みいただいているということは、パソコンはOKなのですよね。

では、電子書籍は?と聞くと、皆さん「よくわからない」とおっしゃいます。(悲報)

紙の本がやっぱりいいのだとも仰います。

 

しかし、ここはあえてひとつ!!!!

脳トレだと思ってぜひ、電子書籍にトライしてみてください。

スマホでも、ipadのようなタブレットでも、そしてパソコンでも読めるのです。

字の大きさも変えることが出来、各端末で閲覧可能です。

 

ボケ防止・認知症予防・脳の活性化には、新しいことにチャレンジするのも効果的です。

 

 

 

本を読みだけのための専用端末もあります。

「楽天 kobo」「アマゾン kindle Paper White」「ソニー Reader」などなど。

これらの実売価格は5000~8000円くらい。白黒なので目には優しい。

小説が好きな人は買ってもいいかもです。ただしkindleならkindle、koboならkobo

しか読めませんので、ご用心。

 

私が監修している電子書籍はkindle でございます!!

 

それでは少し基本から。

 

電子書籍とは
文字通り紙の本ではありません。

電子機器を利用して、端末上で読むものです。

代表的なのはアマゾンのkindle(キンドル)と楽天のkobo(コボ)。

 

 

どんな端末で読めるの?
お持ちの「スマートフォン」「タブレット」で簡単に読めます!

ここがポイント!紙の本より安くて、iPhone、Galaxyなどのスマホや、iPad、Nexus7などのタブレットがあれば読めるんです。

 

今はもうスマホの時代。

販売店の口車や世間の風潮に流されスマホを買ったものの、

あまり使いこなせてない方が多いのではないでしょうか。

せっかく高額な利用料を支払っているんですから、活用しようじゃありませんかー。

 

スマホで読む方法
ますは専用の無料アプリをダウンロード。

アマゾンだと「kindle」というアプリです。app

 

 

 

アプリのダウンロード
iPhoneなどのiOSなら「App Store」、Galaxyなどのアンドロイドなら「Google Play」からkindleと検索して、無料のアプリのインストールを実行します。

 

この時、端末の言語設定は日本語に。

 

アプリを開き、Amazon.co.jpのアカウントで利用しているメールアドレスとパスワードを入力し、端末とアカウントを同期します。

アカウントを持っていない場合は、Amazon.co.jpで作成してから同期しましょう。

 

電子書籍kindle本の購入
[1]ブラウザでAmazon.co.jpを開く
[2]ログイン

 

[3]欲しいキンドル本を検索  (☆私の監修本だったら下記です。)

 

[4]無料サンプルを試すをクッリク

 

[5]同期した端末でサンプルを確認

 

[6]1クリックで今すぐ購入をクリック

 

*キンドル本は1クリック設定のみ。

間違えて買わないよう注意しましょう!

スマホでの購入が不安な人は、パソコンからでも購入可能。

 

【電子書籍】AmazonKindleストア 「とれ~な~ず」で検索

ゼロ http://www.amazon.co.jp/dp/B00YQ5ZR2Q  とれ~な~ず ゼロ

イチ http://www.amazon.co.jp/dp/B00ZV8D670   とれ~な~ず イチ

二 http://www.amazon.co.jp/dp/B010W1DK2Q   とれ~な~ず ニ

 

kindle本を読む
無事に購入できたら、kindleアプリを開けば簡単に読めます。

設定から文字の大きさも変更可。

 

複数の端末(スマホとタブレットなど)を持っている人は、同様にアプリをダンロードして同期をすれば、各端末で閲覧可能です。

読んだページまで同期してくれる、しおり的な機能もあります。

端末が変わる度に、どこまで読んだっけと探す必要が無いので非常に便利。
kindle本が買えない
「お住まいの地区では買えません」というエラーはkindleアカウントの居住国の設定が、不明か日本以外になっている場合に起こります。

「My kindle」→「居住国設定」で日本の住所に変更すれば購入可能です。

 

長くなったので、PC編は次回に。

Kindle

 

 

 

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2014-10-23

シニアと手と脳の話3

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com

シニアフィットネス・長生きストレッチの専門家

吉田真理子です。

 

本日も手、そして脳を活性化させるお話です。

 

脳における手の支配領域は大変広く

手を動かすと、脳は強い刺激を受け、

その刺激は脳のきわめて広い範囲に伝わります。
というのも、

脳の感覚中枢や運動中枢で最も広い部分を占めているのが、

手や指を支配する領域だからです。

手や指にかかわる領域は、足の4倍も広いといわれています。

 

そして、手の指を積極的に動かせば、それだけ広い範囲の脳の領域を刺激することになり、

脳の血流量が大幅に増加することにが分っています。

脳の血流がアップすれば、より多くの酸素や栄養が脳に送られることになります。

その結果、脳は活発に働くようになるわけです。

 

手は「第二の脳」と呼ばれ、

身体の中でも脳との結びつきが最も密接だと考えられています。

たとえば、ペンで字を書く、針に糸を通す、といったきわめて繊細な動きができるのも、

手と脳の結びつきがとても強いからなのです。

 

脳の一番外側を覆う部分を、大脳皮質といいます。

大脳皮質は、いくつかの領域に分かれ、

動作にかかわる領域として特に重要なのは、

知覚を担う領域(感覚中枢)と、運動を担う領域(運動中枢)です。

report-07-0116
手を動かすと、

感覚中枢と運動中枢の神経細胞が活発に働いて情報をやりとりし、

一つの複雑な神経回路を作ります。

この回路で、神経細胞同士の情報伝達を担うのがシナプスと呼ばれるものです。

 

脳に刺激を与えれば与えるほど、

情報の伝達量が増え、

シナプスは大きく発達することが分っています。

つまり、手を積極的に動かすと、

脳の血流量が増えるとともにシナプスが発達し、脳の働きがよくなるわけです。

 

では、手や指をあまり使わないでいるとどうなるのでしょうか?

脳をボーっとさせる。考えることをやめちゃうとどうなるでしょうか?

 

なんと、なんと。(;^ω^)

大脳の感覚中枢や運動中枢にある神経細胞野の活動が低下し、

刺激も少ないため血流量が減り、神経細胞は死滅してしまうのです。

一度死んだ神経細胞は、二度と生き返りません。

 

こうした状態が続くと、脳は次第に萎縮し、

物忘れがひどくなったり、ボケを招いたりします。

広い範囲で死滅が起こった場合、脳梗塞や重い脳血管性の認知症を引き起こすこともあるのです。

 

逆に言うと、ボケや脳梗塞は、脳の血流を増やせば防ぐことができます。

脳の血流がよくなれば、死滅した神経細胞があっても、

ほかの神経細胞が活発に働いて、

死滅した細胞の働きをある程度補ってくれることが分っています。

 

ところで、脳内におけるシナプス密度(シナプスの発達度合いを示す指標)は、

一般に15歳を超えると急に下がってきます。

これは誰にでも起こる、一種の老化です。

15歳から老化…かなり衝撃的ですね(*_*;

 

しかし、脳に刺激を与え続けれていれば、

一つ一つのシナプスが複雑になり、

脳の老化を食い止めることもできるのです。

 

実際、15歳以上の人に手を動かすといった訓練をしてもらったところ、

シナプス密度の下がり幅が緩やかになり、

複雑なシナプスが多くなったという実験結果があります。

 

つまり、脳は手の使い方次第で若さを保つことができ、

たとえ80代であっても、トレーニングをすれば50代の脳を手に入れることができるということです。

 

逆に、使わなければ、50代でも80代の脳になってしまうのです。

“(-“”-)”

 

実際、手や指をあまり使わない人には脳血管の詰まりが多く見られます。

以上のことから、脳の老化を防ぐために、

手や指を積極的に動かすことがいかに重要であるか

お分かりいただけたでしょうか?

ad4fa05de57c3839b6cc22ae97d21d67

 

 

 

 

 

 

本日の1分ストレッチ

★ 手の体操2 「親指小指」★
・両手をグーの形にする。

・右手は親指、左手は小指を立てる。

・「せーの」で入れ替える。(右が小指、左が親指)
・交互に繰り返し。

 

DSC00293 DSC00294 DSC00296

 

 

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

メールアドレス:  (必須) 
お名前:

シニアフィットネス動画チャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCLEfUMLAusY6jKktU8uZ4yQ

プライペートブログ

プライベートブログへはコチラ :まりねえのあんなことこんなこと・スピンアウト( クリック♪)

2008-07より開設していた個人ブログ。大元サイトが閉鎖されたため、こちらにお引っ越し致しました。フィットネスインストラクターまりねえの全開ぶっちゃけブログです。オブラートなしの本音炸裂中。

日本女性ビジネスグランディング協会

(社)日本女性ビジネスグランディング協会バナー