膝痛、腰痛、肩こりを長生きストレッチで改善|膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com

2014年07月の投稿

2014-07-24

シニアとぎっくり腰4

ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる 朝1分 夜1分 軽・楽すとれっち

新刊、発売!Amazonで予約受付中です

ちぢめて・のばして・ゆるめて・しめて……、朝1分 夜1分でカラダが軽やかカイテキに生まれ変わる軽・楽(かる・らく)体操の決定版。日々の仕事に、日々の家事におわれるあまりカラダを動かすのが面倒だという“ぐうたらさん"でも簡単に取り組める。ゆるゆる健康運動指導士が唱える明るく楽しく、動けるカラダの維持づくりを紹介します。

著者:吉田 真理子(よしだ まりこ)   ➡詳細はこちら

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

こんにちわ、

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・
長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

 

 

今回もまだ、ぎっくり腰の続きです。

文字通り、話せば長い…(^_^;)
でも、大事なことなのでお付き合いくださいね。

 

いつのまにか、どうしたら再発を防げるか

というお話になって来ていますので。

 

原因があるから結果がある。

つまり、原因を知ることは予防の第一歩なのです。

まさにこういうことですね。↓

onorewo

 

ということで。

 

原因のひとつである「姿勢」は

ぎっくり腰にも、単なる腰痛にも

大きく関わってきます。

 

・悪い姿勢・同じ姿勢・中腰の姿勢は代表的な腰を痛める姿勢3種ですね。

 

悪い姿勢と一口に言っても、いろいろなタイプがあります。

 

2012126164547

 

 

 

こういった姿勢は、腰痛、ぎっくり腰注意報発令中だと思ってください。

 

さらに

特に下記のような行動は、要注意、
いや、上記の姿勢でこういったことを行うならば

もう警報ものですね。(>_<)。

 

◎過度に腰に負担のかかる作業の繰り返し

 

仕事や運動などで重たいものを繰り返し抱える、
無理な姿勢での作業等、といった
腰に負担をかける動作

 

◎同じ動作、同じ姿勢の繰り返し

 

デスクワークや立ち仕事、長時間の車の運転等の
毎日、同じ姿勢の繰り返しによる
身体を動かさない状況。

 

◎度重なる心的なストレス

 

家庭や仕事でのストレス。
忙しすぎて睡眠がろくに取れていない、
過度の責任から胃が痛くなる、
食事もろくに喉を通らない。

などのストレスで自律神経が乱れ
筋肉が正常に働かなくなる。

 

もちろんケガですから、こういったこと ↓ もある。

 

◎急激な衝撃による原因
事故…とも言いますね。
スポーツや交通事故・道路で転倒等
強い衝撃により腰に負担がかかること
が原因となるもの。

 

◎普段まったく行わない動きを、突然したことによる原因

コッチはむしろ自爆事故。(苦笑

 

普段はあまり体を動かさない方が、
急に運動や草取り・部屋の模様替えなどの
作業をすることによって
筋肉や身体のバランスに影響がでる。

 

 

ということは、対策は
お分かりですね。(@^^)/~~~

 

◎出来るだけ身体を大きく、色んな筋肉を動かす
◎長時間同じ姿勢のままにしない
◎ストレス発散の為、趣味など楽しいことをする
◎ストレッチ・マッサージ・エクササイズなどで固まったり,かたよった筋肉、骨格を戻す
◎普段の姿勢(座り方・立ち方・歩き方)をできるだけ正しく意識する
◎バランスの良い食事を心がける
◎体を冷やさない
◎太り過ぎに気をつける

 

 

細かい話はまた次回に(@^^)/~~~

シニアフィットネス専門家、吉田真理子こと、まりねえでした。

 

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2014-07-24

シニアとぎっくり腰3

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

こんにちわ、
膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・
長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

 

 

今回もぎっくり腰の続きです。

このところ、

読んでますよ~とお声がけ頂くことが

少しずつ増えてきました。

(^O^)/ありがとうございます。嬉しいです☆★

やはりぎっくり腰は、

他人事ではない方が少なくないようですね。

 

 

そもそも

普段から、腰に疲れが溜まっていると感じている方は、

いつ、ぎっくり腰になってもおかしくないと言えます。

ですから、ぎっくり腰にならないように、

まずは毎日の予防が大切になってきます。

 

足のツリの時にもお話したと思いますが

ぎっくり腰の原因も

■筋肉疲労
■冷え
■運動
■普段と異なる動き
■栄養の(カルシウム、マグネシウム、カリウム、たんぱく質など)不足、バランスの崩れ
■神経の異常反射
■薬剤(降圧剤やホルモン剤)
■病気
■ストレス
等が挙げられます。

 

栄養 ? と
思われたかもしれませんね。

実は、タンパク質が不足していることから筋力が弱まり、
ぎっくり腰を発生させることも少なくないのです。

 

シニア世代では、

食の嗜好が変わって来て、

だんだんたんぱく質の摂取量が減って来ていることも

考えられます。

 

体熱の発生元である筋肉が減ってくれば

当然「冷え」が起こってきます。

 

男性でも、起こります。
特に、足の筋量が落ちてくると
「冷え」を感じ始めることが。

 

こうした、冷えや筋力の弱まりを改善する対処法は、
赤味の肉を食べる、
カリウムを摂る、
タウリンを摂るなどの
食生活の改善が必要になります。

 

taurin_01

 

腰痛が必ずしもぎっくり腰に繋がるとは限りませんが、

ぎっくり腰には治療法がないことを考えると、

毎日の食生活での予防も
大きな意味を持っているといえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

タウリンと言えば、ファイト一発~(笑

 

続きは次回に(^^)/

シニアフィットネス専門家、吉田真理子こと、まりねえでした。

ccqwggxupbA

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2014-07-24

シニアの腰痛とマッサージについて

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

こんにちわ、
膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・
長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

 

 

今回もぎっくり腰の続きです。

 

●マッサージについて●

ぎっくり腰の痛みが辛いと

ついついマッサージを試して

痛みをやわらげようとする人も多いようです。

 

2014-05-07-01

 

しかし!

ぎっくり腰になった直後の激痛を感じる期間に

マッサージをするのは厳禁です。

 

マッサージ自体は血行を良くしますから

痛みの緩和につながるのですが、

発症直後に刺激を与えることで炎症がひどくなる危険もありますし、

痛みをより強くする可能性もあります。

 

マッサージを試そうとしても

痛みが強すぎて、できないかも

しれませんができなくていいのです。

 

 

ぎっくり腰の発症直後は

患部を冷やしておき、

腰には外部からの刺激を

与えないようにしましょう。

 

 

腰が動いたり

ねじれたりしないように固定して、

安静にしておくのが

適切な対処法です。

 

 

●予防や再発防止のためのマッサージ●

マッサージは

筋肉の疲れをとるために

行われるものですが、

ぎっくり腰の予防や再発防止にも役立ちます。

 

 

ストレスがたまった時や筋肉の疲労が大きい時に

マッサージをしてリラックスする習慣があると

身も心もリフレッシュしますし、

ぎっくり腰の対策にもなります。

 

 

再発防止の目的でマッサージを行う時は

発症したぎっくり腰が回復してからにしましょう。

 

急性の痛みはもちろん

慢性的な痛みも治まり、

日常生活や軽い運動に支障がでない程度まで

体が動くようになってから

ゆっくりとマッサージをして、

再発を防ぐ手助けにするのがいいでしょう。

 

これはいつでも出来るのですが、

お風呂上がりなどといった

血行が良い時に肌に直接マッサージすれば

より効果が期待できます。
■1分簡単セルフマッサージ■

・始めに手のひらをこすり合わせ、温めておきます。

・まっすぐに立って、足を肩幅程度に開きます。

・温めておいた両手を腰にあて、力を入れリズミカルに
腰からおしりの仙骨あたりまでこすり下ろします。

・手の平を使って最初は弱く、

少しずつ強くしながらさすります。

それで、マッサージする筋肉の位置を探します。

・親指を使って筋肉を押し込むように
そして戻すように、ゆっくりと行います。

一定のリズムで、ゆっくりと行うことが重要です。

 

定期的にすることで、

力を込めずにマッサージすることでも、

腰痛が起こりにくくなります。

(*^^)v

今日の一言

休むべきタイミングで休むことが大事!

 

シニアフィットネス専門家、吉田真理子こと、まりねえでした。

 

 

 

 

 

 

 

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

元気になるメルマガはこちら


SFL :ゴキゲン元気な生涯を!
お名前(姓)
メールアドレス(必須)

シニアフィットネス動画チャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCLEfUMLAusY6jKktU8uZ4yQ

プライペートブログ

プライベートブログへはコチラ :まりねえのあんなことこんなこと・スピンアウト( クリック♪)

2008-07より開設していた個人ブログ。大元サイトが閉鎖されたため、こちらにお引っ越し致しました。フィットネスインストラクターまりねえの全開ぶっちゃけブログです。オブラートなしの本音炸裂中。

日本女性ビジネスグランディング協会

(社)日本女性ビジネスグランディング協会バナー