膝痛、腰痛、肩こりを長生きストレッチで改善|膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
2014-10-30
ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる 朝1分 夜1分 軽・楽すとれっち

新刊、発売!Amazonで予約受付中です

ちぢめて・のばして・ゆるめて・しめて……、朝1分 夜1分でカラダが軽やかカイテキに生まれ変わる軽・楽(かる・らく)体操の決定版。日々の仕事に、日々の家事におわれるあまりカラダを動かすのが面倒だという“ぐうたらさん"でも簡単に取り組める。ゆるゆる健康運動指導士が唱える明るく楽しく、動けるカラダの維持づくりを紹介します。

著者:吉田 真理子(よしだ まりこ)   ➡詳細はこちら

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

シニアと転倒の話220131011_808190

shinryo_wellness04_01

 

 

 

 

 

 

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com

シニアフィットネス・長生きストレッチの専門家

吉田真理子です。

 

 

★転倒リスクチェック★

大久保ら、体力科学、日本体力医学会、2011を1部改変して作成

 

あなたの転倒リスクはどれくらいでしょうか?
1.片足で10秒以上立てますか?。
2.手するを使わずに階段を上るのは難しいですか?
3.膝が痛いですか?。
4.歩行時に杖やシルバーカーを使いますか?
5.何もする気にならないことがありますか?。
6.4種類以上の薬を飲んでしますか?

 

該当した数が多いほど、
転倒リスクは高くなります。

3つ以上該当すると、
該当なしの人と比べて
3倍以上危険性が高まります!
( ゚Д゚)!!!

 

アメリカ老年医学会の転倒予防ガイドライン(2001)によると

低筋力・歩行能力不良・バランス不良が転倒の主な原因として

上位にあげられています。

 

したがって、転倒予防運動では

主要なリスク因子である脚力とバランス能力を強化することが有効です。

 

バランス能力のトレーニングには、

・立位で目を閉じる(視覚の制限)

・体を傾斜させたり(内耳の前庭系の刺激)

・片足立ちになったり(支持基底面を狭くする)することが有効です。

 

バランスの訓練法として、

1日1分の片足立ちがかなり効果的です。

毎日の歯磨きをする時に片足立ちを行うのも習慣化にはお勧めです。

 

ただし、このことで転倒しないよう、十分にご注意くださいね。

 

 

 

 

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

Facebook Comments

コメントをどうぞ

次のHTMLタグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

コメントの更新情報

メールアドレス:  (必須) 
お名前:

シニアフィットネス動画チャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCLEfUMLAusY6jKktU8uZ4yQ

プライペートブログ

プライベートブログへはコチラ :まりねえのあんなことこんなこと・スピンアウト( クリック♪)

2008-07より開設していた個人ブログ。大元サイトが閉鎖されたため、こちらにお引っ越し致しました。フィットネスインストラクターまりねえの全開ぶっちゃけブログです。オブラートなしの本音炸裂中。

日本女性ビジネスグランディング協会

(社)日本女性ビジネスグランディング協会バナー