膝痛、腰痛、肩こりを長生きストレッチで改善|膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com

縁起でもない話(終活話・他)

2018-04-10

主人在宅ストレス症候群(夫源病)にご注意!

ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる 朝1分 夜1分 軽・楽すとれっち

新刊、発売!Amazonで予約受付中です

ちぢめて・のばして・ゆるめて・しめて……、朝1分 夜1分でカラダが軽やかカイテキに生まれ変わる軽・楽(かる・らく)体操の決定版。日々の仕事に、日々の家事におわれるあまりカラダを動かすのが面倒だという“ぐうたらさん"でも簡単に取り組める。ゆるゆる健康運動指導士が唱える明るく楽しく、動けるカラダの維持づくりを紹介します。

著者:吉田 真理子(よしだ まりこ)   ➡詳細はこちら

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

メールアドレス: (必須)
お名前:

シニアフィットネスの専門家、長生きストレッチ、ずぼらぐうたら軽楽すとれっちの吉田真理子です。

昨年7月に発売以来、じわじわ来ています。Amazonあるいはお近くの書店でどうぞ。
私のゆるーいストレッチ本。画像をクリックすると、Amazonワープします(^^ゞ

さて本題。
シニア前半世代はまっただ中!
シニア世代より少し若い皆様、あるいは年の離れたご夫婦はこれから直面する話になろうかと思います。

ご主人が定年退職したら、どんな生活が待っていると思いますか?
あるいは既にどんな生活をされていますか?

今までずっと会社に通っていたのがなくなり、ご主人がベタでお家にいるようになると
多くの奥様が、ぶっちゃけ「うっとうしい」と感じるようです。

家事一切やれる、問題がないご主人様だと助かるのですが
そうでない、また趣味や好きなことなどで外出することもなく、奥さまにべったり…
濡れ落ち葉とも呼ばれちゃってますね。(T_T)

正直、これはかなりのストレスなのです。

そこへ加えて、

「どこいくの」
「何時に帰るの」
「オレの飯は」

この3つの言葉、奥さんをストレス過多にさせ
病気に追い込んでしまうこともあります。

その病気とは『主人在宅ストレス症候群(夫源病)』!!

この言葉、定年まで待つまでもなく、若い世代でも普通に使われているのではないでしょうか。

 

長年、会社で忙しく働き、家にいる時間のほとんどは「寝る、飯、ふろ」だったから
定年後くらいは、奥さんとゆっくり過ごそう…

そう思っているご主人は危険です。

ほとんど家にいないご主人とは、別の時の流れを奥さんは生きて来ているのです。
言い換えれば、もう別の自分の世界、自分の時間を作り上げて来ています。

それを今更…?

いえいえ、多いんです。こんな話もあります。
「主人在宅ストレス症候群(夫源病)」に陥りかけた女友達の回避法

気をつけてくださいね。


 

 

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2018-04-09

笑って話せる明るい終活

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

シニアフィットネスの専門家

長生きストレッチ、ずぼらぐうたら軽楽すとれっちの吉田真理子です。

 

昨年7月に発売以来、じわじわ来ています。

Amazonあるいはお近くの書店でどうぞ。
私のゆるーいストレッチ本です。クリック

 

 

さて本題。新年度にはいりましたね。

更新頻度、上げる…方向で頑張ります.+*:゚+。.☆

 

本日は、重たい話です。質問されたので、真面目に応答しました。

「周囲の方と本人の負担を減らすため死期を決めて終活をするという考え方

そういう意味での安楽死ってどう思いますか?」

以下、私の考えた答えです。

(「」付きは質問者様から)

 

 

うーん🧐本人が主体的にそうかんがえてるか、が先ずあるかなぁ、と。
自分なんかいない方がいい、いても迷惑とおもってるんだとどう?とは思いますが。

寂聴さんが言ってたんですが、そろそろかなぁー、というのはありなのかなぁ(=_=)

胃瘻や人工呼吸器による延命は、諸外国では、虐待とされるという話もあります。

口から食べられなくなり、枯れるように亡くなるのは生物としては、自然にしたがってる。

ただ、遺される側の気持ちとして
どんな形でもいいから生きていて欲しい。
今死なれるととにかく困る。

から始まって

やる事やり尽くし、もういいですと覚悟きまるまでの延命は
遺される家族の気持ちに寄り添う。

昭和天皇の時、そうでしたよね。

本人意識があるんだかないんだかの中、下血輸血の繰り返し。

もう、いいでしょう😭これ以上はお気の毒です!と国民が思っての御崩御。

立場や周り、そして何より本人の意向とあの世の、この世に来る前に決めて来たことがとりあえずOKなら、それ以上無理やり肉体を生かそうとしなくても。

 

「最後の文章は突き刺さりますね」

 

だからこそ、笑って話せるうちの終活は大事ですよね。

延命して欲しいのか、お別れを出来るまで生かしていて欲しいのか、お構いなくなのか。

輸血はダメですなのか、

臓器提供するのかしないのか、するなら何をするのか、
心停止まで待つのか、脳死になったらどうぞなのか。(臓器提供意思表示カードに書いてありました)

ホントにその時を目前にしたらジタバタするかもしれないけど、
だからこそ、まずはどーしたいかどうされたいかは、1度くらいちゃんと向き合ってみる。

あの子に会うまでは生かしてくれとか、ね。

 

 

上の質問は、
質問者様が
ある医療従事者の方に聞かれて衝撃を受けたもので

 

「この場合
死ぬ日を考えたり死に方を考え準備することと

死ぬ日を決めたり死に方を決めたりすることは

混在させると大変なことになるなってことなんです」
と。

 

で、私の考えた答え。

医療現場に実際いらっしゃる方、生死の鍵をその手に握られてる方々、ドクターやナースは、私たちとは一線を画すでしょうね。

法的なことやリアルなことは、そんな理想論ではすまない。

生まれる方は、
帝王切開である程度、この日にやりますって決めることが出来るのにね。

基本的には
お迎えが来るのを自然に待つ。

脳死、外したらアウトの人工呼吸器を
家族がもういいですという→外す→亡くなる は
もう
安楽死ではないという考えなんでしょうね。

周りの負担、迷惑を考えて
自殺に近い、あるいは殺人幇助をお願いするやり方を安楽死とするのは、今は
法的にはアウトですし、医療の現場の方々は
それだけは絶対ダメだと学校で習って来てるはずですから。

 

「安楽死
尊厳死
終活
生活
自殺
殺人
殺人幇助

こう言った言葉が増えれば
定義が少しずつ崩壊し
混在しとなるんだという象徴的な話です」

 

やはり、元気なうちから【笑って話せる明るい終活】家族ぐるみでやるべきですね。
人の死亡率は100%なのですから。

生きることは死ぬことと見つけたり.+*:゚+。.☆٩(ˊᗜˋ*)و♪

オギャーと生まれたその時から、刻一刻と死に向かって歩み始める。
日々若返るなんて、映画もありましたが、
それもまさに、日々歳を取り死に向かって行く前提だからこそ生まれた話。

この事は万人共通。
皇帝も貧民も変わらない。変えられない。

必要以上に死を恐れても命を軽んじても、おかしなことに。

必ず亡くなる、いつかは分からない。
明日かも、いや1時間後かも。

だから今を一生懸命行きましょう💕
大事なことは伝えましょう、感謝や愛も伝えましょう✨会っておけば、言っておけば、やっておけばの後悔を死の淵からあの世に持って行かないために。

という道徳的なまとめです(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡🌸🌸🌸

M・Yoshida ⌘ 🎵😃

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2016-11-07

「長生き」してしまうことへの不安

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

【「長生き」してしまうことへの不安】

生命保険会社の日本生命が「長生きに関するアンケート」の結果を公開しています。
長生きに関するアンケート ← 詳しくはコチラ

 

・長生きと思う年齢は「80歳以上」
・「長生きをしたいと思う」人と、「まぁ思う」人を足すと46.3%
・「長生きができると思う」人と、「まぁ思う」人を足すと29.7%

自分が長生きできると思っている人は、3分の1以下なのです。

・「長生きをすることがとても不安」と「やや不安」な人を足すと54.4%
半分以上の人が、長生きをすることに対して不安を抱いていることになります。特に女性は、6割の人が不安を抱いています。

161019nagaiki04

 

 

 

https://seniorguide.jp/img/sng/docs/1025/463/161019nagaiki04.png

https://seniorguide.jp/img/sng/docs/1025/463/161019nagaiki06.png

 

「具体的にどのような不安がありますか」
・「老後の生活費や医療費」で66.1%、
・「自分の健康・病気」で55.9%

以下、「家族の健康・病気」「自分の介護」「家族の介護」が続きます。

%e8%80%81%e5%be%8c%e3%81%ae%e4%b8%8d%e5%ae%89

 

「健康」については「健康管理(運動習慣・食生活の管理・禁煙等)」が重要であるという人が77%に達しています。

ただ、これらの対策に共通するのは、「ここまでやれば大丈夫」という線が見えにくいことです。

例えば、手元に1億円あったとしても、「それで本当に足りるのですか」と言われれば、足りないのではないかと不安になってしまうでしょう。それでも、将来に備えて、取りうる対策を行なうことが最善の対策でしょう。

という事です。

漠然とした不安を抱えてるよりは、

「お金が心配」⇒対策としては、「節約・貯金」「保険・年金」を行う。
「健康が心配」⇒「健康管理(運動習慣・食生活の管理・禁煙等)」を行う。

等、実際に対策行動をして、
あとは毎日、その一瞬を悔いないように楽しんで生活すること。

これに尽きるのではないでしょうか?

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

メールアドレス:  (必須) 
お名前:

シニアフィットネス動画チャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCLEfUMLAusY6jKktU8uZ4yQ

プライペートブログ

プライベートブログへはコチラ :まりねえのあんなことこんなこと・スピンアウト( クリック♪)

2008-07より開設していた個人ブログ。大元サイトが閉鎖されたため、こちらにお引っ越し致しました。フィットネスインストラクターまりねえの全開ぶっちゃけブログです。オブラートなしの本音炸裂中。

日本女性ビジネスグランディング協会

(社)日本女性ビジネスグランディング協会バナー