膝痛、腰痛、肩こりを長生きストレッチで改善|膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com

未分類

2017-05-22

7月に、ストレッチの本が出ます!

ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる 朝1分 夜1分 軽・楽すとれっち

新刊、発売!Amazonで予約受付中です

ちぢめて・のばして・ゆるめて・しめて……、朝1分 夜1分でカラダが軽やかカイテキに生まれ変わる軽・楽(かる・らく)体操の決定版。日々の仕事に、日々の家事におわれるあまりカラダを動かすのが面倒だという“ぐうたらさん"でも簡単に取り組める。ゆるゆる健康運動指導士が唱える明るく楽しく、動けるカラダの維持づくりを紹介します。

著者:吉田 真理子(よしだ まりこ)   ➡詳細はこちら

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

シニアフィットネスの専門家・長生きストレッチの吉田真理子です。

 

長らくお待たせしていましたストレッチの本が7月半ばに出る予定です。

 

昨日、そのストレッチの数々のさつえい、をしてきました。

本のクオリティを上げるため、プロのモデル様.+*:゚+。.☆に演って頂きました。

ストレッチ☆ | 岡田茉奈オフィシャルブログ「MANA」by アメブロ

 

場所は素敵な四ツ谷にあるパーソナルジムをお借りしました。

コチラ→パーソナルトレーニングスタジオ四谷(四ッ谷)_Fillin.studio(フィルイン.スタジオ)

オーナートレーナー、清家一亀さん。めっちゃイケメンです♪

さつえいの合間に、岡田さんのマネージャーさんにトレーニングを教える後継も。

 

とても和やかかつスムーズでした( •̀ᴗ•́ )/

詳しくはまた、追ってお知らせしますね!応援よろしくお願いします.+*:゚+。.☆

 

 

 

 

 

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2017-05-16

高齢者は畳がきらい?

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

 

先日、友人から聞いた話です。
町の集会所を利用しようと予約に行ったら、同じ日に同じ所を予約したい団体と鉢合わせ。

先方は老人会だったそうで、こんなことを言われたそうです。

あなた達、若いんだから和室をつかってくれない?

皆さん、畳の方がいいんじゃないんですか?

冗談じゃないわよ、みんな足腰悪くて、畳なんかじゃ座れないの。座ったら立てなくなっちゃうわよ。だから老人会は椅子の部屋がいいの。

そうなんですか?!ฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!

お年寄り=畳の部屋がいい
というのは、今や大間違いなのです。
今のお年寄りの生活が、そもそも
畳じゃなくなっているんですね。

戦後から高度成長期で、イスとテーブルのキッチンが主流になったので
生活様式も畳の和室より洋室に、
布団よりベッドに。
和式便器から洋式トイレに。

その結果、膝を90°以下に曲げる必要がなくなり、どんどん膝が硬くなり、正座はおろかしゃがむことすら出来ない70-60代は少なくないのです。
お葬式も、今や葬祭場は椅子の世界。田舎のお寺でやるとはみんな座るのに苦労するとこぼしてます。

膝が十分に使えないと、太ももの筋肉は落ちやすくなります。

太ももの筋肉が落ちる→膝が痛い→歩かない→ますます筋肉落ちる→痛い→歩けなくなる。

負のスパイラルにどっぷり。

ますます、畳は無理!となるわけです。

大昔、ひいおばあちゃん、
歩けなくなっても、畳の上をいざって移動してました。
正座の格好のまま、手で体を移動させていくんです。

(ちなみに、お尻を床について移動する事を「膝行る(いざる)」と言いますが、「立てない人(いざり)」との意味合いもあり、差別的表現。)

いやいや、今となっては
差別どころか、そうとうの筋力です。畳の生活だからこそ、出来てたんでしょうね。

畳のないお家、多くなってます。
(ウチもない!全室フローリングです)

今後さらに、和室=年寄りの構図はくずれていくんでしょうね。
M・Yoshida ⌘ 🎵😃

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2016-10-16

【若さを維持してる人は、枠にとらわれない】

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

image1.JPG

日頃、指導してる中で感じることの一つをお話しましょう。

私のレッスンは、「シニア枠」で区切っていません。もちろん、主催側の意図で「60歳以上」などのしばりがあったり、募集の段階でそのような表記がある場合はそうなりますが、
通常のレッスンだと、「ストレッチ」とか「エアロビクス」「スタップ」「アクア」など大枠の区切りしかありません。

当然、老若男女のご参加があるのですが、圧倒的に元気なのは中高年です。元気がないのは20代と、本当に足腰にキテる80代くらいです。

そもそも、元気かどうかは年齢より、個人の性格やタイプにより大きな差があると感じます。

パーソナルセッションでも、グループ指導でも、イキイキと若さが炸裂してる方は、ご自分を年齢枠で縛っていません。

やりたいことはやる。
興味もったものにはチャレンジする。新しいものを拒否しない。

好奇心とやる気に満ち溢れています.+*:゚+。.☆

何より、「もう年だから」「〇歳だから」と言いません。

着たい服を着て、食べたいものを食べ、行きたい所に足を運ぶ。
まさに自由です。

この自由な心の持ち方が、
若さを輝かせているようですね。

先日もパーソナルクライアントのヒロコさん86歳は、91歳のお姉さんと、61歳の息子さんとハワイに出掛けました。
お姉さんは車椅子で片目しか見えていません。ヒロコさんも、膝が悪く、日頃は杖、空港などでは車椅子を使っています。

しかし、楽しく元気に両手いっぱいの買い物を楽しみ、水着を持っていきホテルのプールも満喫されたそうです。

もちろん、歩く速度や持てる荷物は限られますが、それを含めて自分!と受け入れて、出来ることを行う。時には、行政サービスやお金を使ってそれを補うことでほぼ不自由はないそうです。

私は〇〇歳だから、□□は出来ないとはまるで思ってない。
膝が痛いのはあるけれど、じゃあどこまでなら出来るのか、どうしたら今よりは楽なのか、歩けない距離は他にどう移動する方法があるのか。

まさに、「どうしたら出来るのか」を考えるのです。
私も全力で後押しさせてもらいます。
筋トレ、ストレッチ、ケアコンディショニング、サポーターやテーピング、インソールやシューズ、サポート機能ウェア、下着に様々な便利グッズ、サプリメントなどなどなど。自分の持ってる技術や知識、さらに手に負えない事は、上位技術を持つトレーナーや治療家、専門家もご紹介してます。まさにトータルサポートしています。

諦めたら、そこで試合終了ですからね。

年齢や痛みを言い訳に、
自分で自分に縛りをかけて諦めていませんか?

M・Yoshida ⌘  🎵😃

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

メールアドレス:  (必須) 
お名前:

シニアフィットネス動画チャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCLEfUMLAusY6jKktU8uZ4yQ

プライペートブログ

プライベートブログへはコチラ :まりねえのあんなことこんなこと・スピンアウト( クリック♪)

2008-07より開設していた個人ブログ。大元サイトが閉鎖されたため、こちらにお引っ越し致しました。フィットネスインストラクターまりねえの全開ぶっちゃけブログです。オブラートなしの本音炸裂中。

日本女性ビジネスグランディング協会

(社)日本女性ビジネスグランディング協会バナー