膝痛、腰痛、肩こりを長生きストレッチで改善|膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com

シニアフィットネスについて

2018-04-12

ひばりエクササイズ

ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる 朝1分 夜1分 軽・楽すとれっち

新刊、発売!Amazonで予約受付中です

ちぢめて・のばして・ゆるめて・しめて……、朝1分 夜1分でカラダが軽やかカイテキに生まれ変わる軽・楽(かる・らく)体操の決定版。日々の仕事に、日々の家事におわれるあまりカラダを動かすのが面倒だという“ぐうたらさん"でも簡単に取り組める。ゆるゆる健康運動指導士が唱える明るく楽しく、動けるカラダの維持づくりを紹介します。

著者:吉田 真理子(よしだ まりこ)   ➡詳細はこちら

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

メールアドレス: (必須)
お名前:

シニアフィットネスの専門家、長生きストレッチ、ずぼらぐうたら軽楽すとれっちの吉田真理子です。

昨年7月に発売以来、じわじわ来ています。Amazonあるいはお近くの書店でどうぞ。

 

本日より、横浜市緑スポーツセンターにて「ひばりエクササイズ」をスタートしました。

「ひばりエクササイズ」は、介護を必要とせず、自立して日常生活を送れるように、中高齢者の「基礎生活体力」の保持・増進を目的に、2006年にJAFAの理事(当時)によって創作されました。言い換えれば、生活の質を高め日常生活動作能力の低下を抑えるために「健康づくり運動」への参加や継続を促すエクササイズとの思いが込められています。

からだを目覚めさせるウォーミングアップから有酸素運動へと展開し、最後は心身をリラックスさせ、クールダウンへと導きます。複雑な動作はなく、覚えやすく楽しみながら運動できる振り付けになっています。偉大なエンターティナーである美空ひばりさんの歌に、フィットネスダンスとして降りつけられた「ひばりエクササイズ」は、各地で大好評です。

ひばりエクササイズ・ダイジェスト

ぜひ、一度ご体験ください。

「ひばりエクササイズ」は、一連のプログラム映像を収録したDVDと、レッスンに使用する音楽CDを頒布しています。
お求めはこちらから → JAFA オンラインショップ

レッスンを体験してみたい方は、お問い合わせください。 → お問い合わせ

 

 

 

 

 

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2017-01-08

JIJICOに掲載されてます。

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

いきなりJIJICOと言われても、なんだそりゃ…ですよね。

はい。
JIJICO(ジジコ)は新聞社・テレビ局等が運営する専門家WEBガイド「マイベストプロ」が開設する情報サイトです。くらし、経済、医療、教育、法律、健康・美容など、さまざまな分野における時事問題や、今知っておくべき情報を、その道の専門家が解説。解説記事から読み取れる「お役立ち情報」をコラム形式で毎日提供していきます。JIJICOだけが提供できる、さまざまな分野で活躍している専門家による解説記事を通して、みなさんの生活に豊かさや潤いを提供していきたいと考えています。

ということでございます。まずはコチラから jijico ← クリック

記事をご覧くださいm(__)m

 

しっかり編集者の方からチェックが入っているので、
別人のように読みやすい(笑)

ちなみに、過去記事はコチラ
運動と長生き ← クリック

 

この記事の枠の上下にある「いいね」もクリックいただけると励みになります<m(__)m>(^O^)/

20170108blog

ab370c4e23eee4025437b4a501a8320f_m

 

 

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2015-11-03

加齢に伴って筋肉と脳では何が起きているのか2

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・
長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

脳イラスト

脳および神経系

一般的に脳の神経細胞の数が減少します。
しかし、脳は以下のようにしてこの減少を部分的に補うことができます:

  • 細胞が失われると、残っている神経細胞間に新しい結合がつくられます。
  • 脳のいくつかの領域では、高齢期でも新しい神経細胞がつくられることがあります。
  • 脳にはほとんどの活動に必要な数を超える細胞があります(余剰性と呼ばれる特性)。

脳内で、メッセージを送るのに関与する化学物質の量が変化します。
ほとんどは減少しますが、増加するものもあります。

神経細胞はメッセージを受け取る受容体の一部を失います。
脳への血流が減少します。
これらの加齢に伴う変化により、脳の機能がわずかに低下します。
高齢者は反応や作業がいくらか遅くなることがありますが、
時間があれば正確に行うことができます。

語彙、短期記憶、新しいことを覚える能力、言葉を思い出す能力など、
一部の精神機能が70歳以降わずかに低下します。

60歳を過ぎるころから、脊髄の細胞数が減り始めます。
通常、この変化は力や感覚には影響を及ぼしません。
脳には、加齢に伴う神経細胞の減少を補う手段があります。
年をとるにつれ、神経が信号を伝える速度も落ちていきます。
この変化は小さいため、通常、人はこれに気づきません。
また、神経は自己修復を行いますが、遅く不完全になります。
したがって、神経損傷のある高齢者では、感覚や力が低下します。

 

体はどのように老化するのか:正常な変化

精神機能

記憶が困難、または正しい言葉を思い出せない

集中力の低下

新しいことを学ぶのが困難

脳の神経細胞はさまざまな量の神経伝達物質(細胞から細胞に信号[インパルス]を送る)を放出しているが、神経細胞の受容体数が減少する。そのため、脳は十分なインパルスを迅速に送ったり処理したりできなくなる。

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

メールアドレス:  (必須) 
お名前:

シニアフィットネス動画チャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCLEfUMLAusY6jKktU8uZ4yQ

プライペートブログ

プライベートブログへはコチラ :まりねえのあんなことこんなこと・スピンアウト( クリック♪)

2008-07より開設していた個人ブログ。大元サイトが閉鎖されたため、こちらにお引っ越し致しました。フィットネスインストラクターまりねえの全開ぶっちゃけブログです。オブラートなしの本音炸裂中。

日本女性ビジネスグランディング協会

(社)日本女性ビジネスグランディング協会バナー