膝痛、腰痛、肩こりを長生きストレッチで改善|膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com

季節がら…

2015-08-17

オレンジ色で睡眠の質をアップ

ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる 朝1分 夜1分 軽・楽すとれっち

新刊、発売!Amazonで予約受付中です

ちぢめて・のばして・ゆるめて・しめて……、朝1分 夜1分でカラダが軽やかカイテキに生まれ変わる軽・楽(かる・らく)体操の決定版。日々の仕事に、日々の家事におわれるあまりカラダを動かすのが面倒だという“ぐうたらさん"でも簡単に取り組める。ゆるゆる健康運動指導士が唱える明るく楽しく、動けるカラダの維持づくりを紹介します。

著者:吉田 真理子(よしだ まりこ)   ➡詳細はこちら

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・
長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

 
お盆も終了、夏休みも終わった感がありますが
いかがお過ごしですか?

夏休みだからとばかり、
朝寝・夜更かしを繰り返していませんか?
せっかくの休みくらいいいじゃないかという声も聞こえてきそうですが、あまり不節制すると、休み明けに疲れがどっと噴き出してしまい、通常モードに戻れなくなります。ご用心!!

さて、疲労回復にはやはり睡眠!です。
それも、質のいい睡眠が大事。

ということで、

疲労回復/日本予防医薬
さまのフェイスブック記事をシェアします。

【ご提案!オレンジ色照明の効用】
蓄積してしまった疲労を回復させる一番の方法は「睡眠」です。
より効果的に疲労を回復させるためには、睡眠の質を高めることが重要です。

質の高い睡眠を得るために推奨されているのがオレンジ色の照明です(^-^)

オレンジ色は夕日の色です。
古代から人類は、沈む夕日を見ることで睡眠のスイッチが入り、眠くなるようにできていました。
この習慣から、今でも人はオレンジ色の光りを見るとリラックスし、副交感神経が優位になり、眠る準備を始めるそうです(‘ω’)ノ

就寝前は白熱灯はやめて、オレンジ色の照明で過ごすようにすることで、睡眠の質は高まり、ぐっすりと眠ることができるそうです。
オレンジの照明がない場合は、耐熱性のセロハンなどをまいてオレンジ色にしてもよいでしょう☆彡
引用ココまで。

オレンジは喜び、創造、味わいの色。
オレンジが美しく見えるということは、今日もこの人生を豊かに味わい喜んでいるということです。
美しいオレンジの夕陽がとてつもない深い癒しの効果を
くれたりします。
オレンジは感情と関係があります。
オレンジは腸とも関連しています。
喜怒哀楽を封じ込めるとおなかを壊してしまうことがあるように、腸と感情は密接に関係しているのです。

時々は愛する人とキャンドルのオレンジ色の炎を見つめる時間を作ったり、キャンプファイヤーの周りで大切の人と過ごすことも大切ですね。20150817425FC5B38E084122A837A001C406A997_L

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2015-05-10

シニアと旅行の話2

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。


シニアの旅行senior_main

シニアと旅行の話の続きです。

せっかく旅行に行くのであれば、おいしい料理や温泉などで心も身体も元気になりたいものです。

 

さて、どこへ行きましょうか?

国内もいいですし、海外もいいですね。

 

ココにひとつ、興味深い研究結果があります。

行き先を考えるにあたって

「離島」は心身のリラックスにとても効果がある行き先だという調査結果が

三重大学から発表されました。

 

三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となったことで有名な

神島のある三重県鳥羽市が三重大学に研究を委託したところによると、

起伏の多い神島内を約3時間ウォーキングした後、

自由に外気浴や海辺での時間を楽しんだ結果、

参加者の副交感神経が活性化。

体全体がリラックスしていたことが確認されました。

 

同じような行動を三重大学内の室内で行った実験結果と比較しても、

心身のリラックス効果が、より離島で過ごした方が高かったことも合わせて発表されており、

自然のなかで身体を動かす旅は健康によいことが改めて確認された調査となっています。

 

実際普段はそんなに歩けない…とおっしゃってる方が

旅行に行くと、活動的に1日にあっちへこっちへと

精力的に足を伸ばして歩きまわる、という話はよく聞きます。

 

せっかく行ったんだから、あっちもコッチも見たい、行きたい、

行かなきゃ損よ、もったいないわ!ということなんですね。

もう二度と来れないだろうし…という気持ちもあるそうです。

 

もちろん、観光地や都会などでも歩きまわりますが、

これが自然豊かな離島などだと、心身のリラックス効果が高いという

プラスアルファ効果も付いてくるのですね。

 

 

島国日本は、瀬戸内海の島々など

気軽に足を運ぶことのできる場所も多いですし、

フェリーも車いす対応をしてくれているケースも少なくありません。

 

人の多い観光地に行くこともいいですが、

普段とはちょっと違った離島や自然を楽しむ旅、

次回は計画してみてはいかがでしょうか?

 

シニア旅行31A1A151A1A1AA161A1A1AC1Aw1A1A1As20074

 

 

 

 

 

 

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2015-05-10

シニアと旅行の話

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。


ゴールデンウィークが終わって、ようやく一息。
一息後の日曜日、いかがお過ごしでしょうか?

Open suitcase with a tropical island inside. Traveling

Open suitcase with a tropical island inside. Traveling

 


JTBの2015年のゴールデンウィーク期間(4月25日から5月5日)
の旅行状況の見通しはこうでした。。

旅行者総数は昨年より2.9%増の2386万人、
国内旅行が3%増の2336万人でいずれも過去最高。
一方で海外旅行は0.4%減の50万人にとどまる。

旅行が集中するのは後半(5月2日から6日)で、
国内旅行の宿泊予約は5月2日と3日の出発に集中、
海外旅行のうちアジア、グアム、サイパンといった
近場で5月2日、
遠方では4月29日と5月1日の出発がピークとなる見通し。

実際いかがだったのでしょうか?(^◇^)


レッスンにお見えのメンバーさんたちも
実によくご旅行に行かれます。

旅行に行って楽しみたいから、足腰を鍛えてる…
そんな動機も良く伺います。


せっかく旅行に行っても、歩けない・すぐ疲れちゃうでは
楽しみは半減してしまいますよね。
旅行に行くのであれば、
おいしい料理や温泉などで心も身体も
ますます元気になりたいものです。


総務省統計局が発表している家計調査によると、
1世帯あたりのパック旅行費にかける年間支出金額の平均は、
世帯主が60代の場合約6万9300円、
70歳以上で6万2700円と50代以下を大きく上回る結果となっており、
アクティブに旅行を楽しむ日本の高齢者像が浮かび上がってきています。

そしてシニアの健康志向の高まりを受け、
旅行業界でもケア付き旅行や健康づくりに繋がる旅行など
様々なパッケージツアーを打ち出しています。
車いすでいく世界旅行はもちろん、
透析つきの旅行などもあるようですね。
楽しみの可能性はますます広がっていきそうです。

シニアと旅行1slide15





メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

メールアドレス:  (必須) 
お名前:

シニアフィットネス動画チャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCLEfUMLAusY6jKktU8uZ4yQ

プライペートブログ

プライベートブログへはコチラ :まりねえのあんなことこんなこと・スピンアウト( クリック♪)

2008-07より開設していた個人ブログ。大元サイトが閉鎖されたため、こちらにお引っ越し致しました。フィットネスインストラクターまりねえの全開ぶっちゃけブログです。オブラートなしの本音炸裂中。

日本女性ビジネスグランディング協会

(社)日本女性ビジネスグランディング協会バナー