膝痛、腰痛、肩こりを長生きストレッチで改善|膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com

介護からみの話

2015-12-20

介護スナック、だそうです。

ずぼらさん、ぐうたらさんでもできる 朝1分 夜1分 軽・楽すとれっち

新刊、発売!Amazonで予約受付中です

ちぢめて・のばして・ゆるめて・しめて……、朝1分 夜1分でカラダが軽やかカイテキに生まれ変わる軽・楽(かる・らく)体操の決定版。日々の仕事に、日々の家事におわれるあまりカラダを動かすのが面倒だという“ぐうたらさん"でも簡単に取り組める。ゆるゆる健康運動指導士が唱える明るく楽しく、動けるカラダの維持づくりを紹介します。

著者:吉田 真理子(よしだ まりこ)   ➡詳細はこちら

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・
長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

 

こんな記事を発見したので、ぜひ。

『介護スナック 竜宮城』  ← クリック
元記事:おばたさおり(小幡沙央里)さんのブログ
「おばちゃんこと小幡沙央里29歳のブログ。
日々の活動や思いを綴ってゆきます。
主に教育、子育て、地域のことをテーマに活動中です。」

 

 

で、詳しいことを調べてみました。

 

 

タウンニュースより:

「飲みに行きたいけど、1人での外出が大変で」
「友人や家族とゆっくり食事をしたいけど、なかなか機会がなくて」…といった人が楽しめる
”介護付きスナック”が追浜に登場した。

飲んで歌って楽しめるお店―その名も『竜宮城』。
お酒を楽しみたいシニアの不安を解消するサービスを備えているスナックだ。

同店の運営は、市内で送迎付きのリハビリ型デイサービスを行っている事業者。

「介護車両による送迎」に加え、飲みすぎないようお酒の量も相談しながら…など、介護のノウハウを心得ているからこそできるサービスが注目されている。
自宅からお店までの送迎付き。もちろん、手すりなど店内はバリアフリー。
車椅子での入店にも対応している。カラオケもあるので、気の合う仲間との忘年会などでも利用できる。

「65歳以上の方、障害があり自由に外出できない方にぜひ。食事やお酒にもこだわっています。
飲んで食べて笑って、特別な時間を楽しんでください!」とスタッフ。

料金は2時間の飲み放題・食べ放題・歌い放題で8000円(送迎付き)、同伴者は3500円。
ご自身で来店される人はツードリンク+ワンフードで3500円、来店は要予約。
■横須賀市追浜町3の5(追浜駅徒歩2分)午前11時〜午後8時、日曜定休

【電話】046・869・1550

介護スナック 竜宮城

横須賀市追浜町3-5

TEL:046-869-1550

http://ryugujogogo.com/index.php

 

ご利用もいいですし、ビジネスチャンスにもなるのでは…?

3bdca9f091eac76ec7abfbd0ad011b37

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2015-05-24

介護現場の現実<知らない方がよかった話>

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

更新がどうものびのびになっています。
実は。


書かなければいけないが、
すぐすぐ簡単にアウトプットするには重荷な話と
ガッツリ直面して、筆が止まってしまいました。



御両親や近い方を施設に入れていらっしゃる方、
今まさにもう入れようとされている方には
聞かない方がいい話も多々含まれると思いますので…


どうしようかな、と思ってきました。

しかし、やはりこの問題は待ったなしの状況。
まずはこの記事をご覧ください。
多重介護
多重介護者の悲鳴

もうね。待ったなし。

いつか行く道ではあるのだけれど、それを支える人数が圧倒的に少ない。

シンプルに考えて、
自分が倒れて動けなくなった時、誰が面倒を見てくれるでしょうか?

奥さん、旦那さん、子ども、お嫁さん、等考えつくとは思います。

しかし。
24時間ずっと見ててくれという状況になったら、
その人たちの生活はどうなりますか?


働いていれば、ずっと付いていることは不可能ですね?
じゃあ,辞めてください?

辞めたらその分のお金は入ってこなくなりますね。
生活費、どうしましょう???
ほったらかされても困るが、
その人たちの生活が引っくり返るのは本分ではない。


24時間寝ることもままならず、そばにいて
面倒を見続ける。
しかも、それで、状況がよくなっていくか?

ココがつらいところですが、
看護と介護、違うところです。
よくて現状維持。
たいがいは良くなることはなく悪くなっていきます。
そして、いつまで、という期限も見えない。

赤ん坊とよく同じだと言われますが、
違います!
赤ん坊は育ちます。出来ることが増えていく。

しかし、介護を受けるようになった先には
良くなる、治ることはないのです。


人の死亡率は100%です。
誰もが亡くなる。

それは避けて通れません。
いつか行く道ではあるのです。


ですが、最終到達点に行くまでの間を
どう過ごすか。



長年人の世話になり、それも十分なものではないがために
我慢に我慢を重ねてひたすら耐える
「生き地獄」のような日々。



好きなことを毎日自分の力で行い、
ある日バタっと倒れ、そのまま安らかに往く。


じゃあ、施設に入れば、おしまい
穏やかな安住の日々…

そんなもん、幻想にすぎません!!
残念ながら!!!



それはどういうことか、
これから回を重ねてお話していきます。


今、介護現場で起こってることにも
触れていきます。


ふたをして、見て見ぬふりをしていた方が
いいこともあります。


ですから、
既に大切な方が施設にいらっしゃる場合には
読まない。


そして、自分はとにかくギリギリまで元気でいて
ピンピンコロリを目指してください。


この話をするにあたり、
パートナーの岡澤由里さんをご紹介しておきます。


岡澤さんは現役の看護師さんで
特養(特別養護老人ホーム)でお仕事をされています。

お仕事内容の関係で、
仮名やフィクション仕立てのお話で、
彼女が日々見聞き、体験していることを
私がまずは色々とお伝えします。

特養1010073_b7_20091019_150926









 

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

2015-01-30

シニアと『老老介護」と「介護規制割引」

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

膝痛、腰痛、肩こり改善長生きフィットネス.com
シニアフィットネス・
長生きストレッチの専門家
吉田真理子です。

 

さて本日は。

『老老介護」と「介護規制割引」
についてです。

介護press0930_01
あなたの
ご両親のどちらにお住まいですか?

ご近所ですか?

それとも遠方に離れて
いらっしゃいますか??

 

お互いの住まいが
簡単に行き来できるところでない
遠方の場合、何かあったときに
すぐに駆けつけることは困難ですね。

緊急時に連絡が取れる親せきや
仲の良い知人などが近くに
いらっしゃるなどのことであれば安心ですが
そうでない場合、
ご家族もご本人も何かと不安が
付きまといますね。

 

近所に見守りしてくださる方が
いらっしゃらない場合
いざ、という時のことを
視野に入れておく必要があります。

 

たとえば、
私の場合で恐縮ですが
私の母は横浜で同居していますが
夫の両親は福岡県在住です。

毎年お正月には帰省しますが
それ以外は夫婦二人で
暮らしています。

 

義母が糖尿が悪化し
目を患ってしまい、
(ほぼ見えない)
義父が介護をするようになりました。

 

いわゆる『老老介護』です。

 

現在、要介護または
要支援の認定を受けている人は
500万人以上(2013年データ)。

そしてそのうち、
介護なしでの生活が困難な人は
約350万人にのぼります。
高齢者が高齢者を介護する
「老老介護」は社会問題になってきています。
介護者自身は75~79歳が最も多く、
その次が80~84歳。

後期高齢者が後期高齢者を介護する
ケースがかなり多いようです。

しかも、そのうち25%の介護者が
自身も要介護認定を受けていると
答えています。
良く言えば家族らしい、
悪く言えば閉鎖的とも言えるのが
この介護スタイル。

 

「自分達でできる限界まで」と、
ぎりぎりまで頑張ってしまうのが
高齢者世代の考え方。

 

家族間の事情に他人を立ち入らせたくない

という方も多いようです。

義父もそうでした。
「おれの眼の黒いうちは
お前たちには世話はかけん!」

しかし、徐々にストレスや疲れが蓄積。
幾度となく倒れ、
とうとう自らからも
心臓を患ってしまいました。

 

このように高齢者のみの家庭が
孤立してしまえば、
孤独死や介護疲れによる共倒れを
招きかねないのです。

 

外部に相談するのは
恥ではありませんし、
介護サービスをお願いするのは
手抜きではありません。
(そう思ってる方の多いこと!)

 

そうやって介護者自身が
心身ともに休息する事が、
介護を受ける家族にとっても
プラスにつながります。

 

「介護」の問題は
当事者だけで抱え込まないことが大切。
特に双方とも高齢の老老介護の場合は、
周囲が積極的にバックアップしていく
必要がありますね。

 

また、住まいが離れていて
ご家族が遠距離介護をすることは、
体力的にも経済的にも余裕がないと
継続することは困難だということを
念頭に考える必要があります。

 

各航空会社は、「介護帰省割引」
というパスを発行しています。

所定の書類(*)を用意し
申請すれば利用可能です。

JAL(日本航空):介護帰省割引
ANA(全日空):介護割引
スターフライヤー:介護割引運賃
ソラシドエア:介護特別割引
など。

 

JALの場合
(ピーク時は運賃が異なります)

大人普通運賃 41,100
介護帰省割引 26,300
往復割引 37,300
JALビジネスきっぷ 34,100

 

(*)必要書類
航空会社により若干の違いあり
1.認定証明のある介護保険証
または認定結果通知表(コピー可)

2.被認定者と介護者の関係を証明する公的書類
(戸籍謄本・抄本など、コピー可)
過去6ヶ月以内に発行されたもの

3.「介護特別割引」適用者の現住所を証明する書類
(住民票・運転免許証・健康保険者証、コピー可)
過去6ヶ月以内に発行されたもの(

4.「介護特別割引」適用者本人の写真(3cm×3cm)
上半身でお顔の確認がとれるもの。

5.介護割引パス申込用紙PDF

 

遠距離での在宅介護が無理
ということであれば、
ご本人とご家族がしっかり話し合い、
引っ越しをしてご家族と同居する、

あるいはご家族の近くの介護施設に
移り住みをする、
という選択も必要だと思います。

 

いずれにしても
無理は禁物。
介護は終わりの見えない
マラソンのようなもの。

しっかりと
介護する側の心も体も
負担の少ない、いい状態を
保てるようにケアしていきましょう。

 

今日の1分ストレッチ
「お風呂で心も体もリラックス」

1.ひざを曲げて座り、ゆっくりと上半身を右にひねる。
バスタブの側面を両手でタッチ。
ゆっくり10数える間キープ。

 

 

風呂img07_special_vol15 風呂2img08_special_vol15

2.ゆっくりと正面に戻り、同じように左にひねる。
ゆっくり10数える間キープ。
交互に4回ずつ行う。

 

 

・お風呂の温度はぬるめに設定
・動作に勢いをつけないこと
・呼吸はゆっくり大きく。息を止めないこと。
(息切れは危険ですのでやめましょう)
・1日に全て行う必要はなし!毎日少しずつ。
長生きストレッチでは
あなたの応援エクササイズを
ご紹介しています。

よかったら講座にも
いらしてくださいね。
(^◇^)

☆長生きストレッチ・体験講座☆
2/18・2/25 10:00-12:00
ストレッチ実技 + 知っ得健康講座
横浜にて開催
詳細:http://www.reservestock.jp/events/56863

 

次回もお楽しみに(^O^)/

シニアフィットネス専門家、
吉田真理子でした。

 

 

=========================

==================

===================================
☆☆☆各種サービス&コンテンツのご紹介☆☆☆

☆ブログ 膝痛腰痛肩こり改善長生きフィットネス.com
⇒ http://bit.ly/1kKZjqW

☆個人・スモールグループ出張指導のお問合せはこちらから
⇒ http://form.os7.biz/f/acc364aa/

☆個人レッスン詳細はコチラ
⇒ http://bit.ly/1lv8SJq

☆グループレッスン詳細はコチラ
⇒ http://mari-nee.blogfit.jp/lesson

☆オススメ品のご案内(代謝UP!テラヘルスバンド・アンチエイジング水素水)
⇒ http://bit.ly/1dipXRf

〈おすすめ!〉吉田真理子もブランディングしていただきました!〉

あなたを輝くダイヤモンドに変える!
後藤勇人先生のブランディングプロデュース
⇒ http://www.zenkokujinzai.com/info.cfm?id=121
全国人材発展協会
=======================
※このメルマガは、吉田真理子と
お名刺交換などでご縁を頂いた方にも、
送らせて頂いております。

配信停止をご希望の方は、
お手数ですが下記からお願いいたします。

☆ ご注意 ☆
解除いただきますと、配信禁止リストに登録されてしまいますので
最新ビジネス情報やお得なご優待ご案内、読者特別割引など、
一切受け取れなくなってしまいますので十分ご注意ください。

☆☆☆☆☆

編集後記:

新刊「頑張らなければ病気は治る」
著者:樺沢紫苑先生より
出版を記念して
特別に「運動に関する動画」を
ご紹介いただきました。

『運動すると疲れが取れる!」

こちらもぜひ
ご覧ください。
(^◇^)

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
元気な1週間をお過ごしください(@^^)/~~~

メールアドレス: (必須)
お名前:
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

メールアドレス:  (必須) 
お名前:

シニアフィットネス動画チャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UCLEfUMLAusY6jKktU8uZ4yQ

プライペートブログ

プライベートブログへはコチラ :まりねえのあんなことこんなこと・スピンアウト( クリック♪)

2008-07より開設していた個人ブログ。大元サイトが閉鎖されたため、こちらにお引っ越し致しました。フィットネスインストラクターまりねえの全開ぶっちゃけブログです。オブラートなしの本音炸裂中。

日本女性ビジネスグランディング協会

(社)日本女性ビジネスグランディング協会バナー